記事作成
記事を書くとき大変だなーと思ったり、
時間がかかりそうと
思うことはないでしょうか。

疑問の顔

これを改善する方法があります。

記事を書くときの型(フォーム)を決めておくことです。

 

 

型(フォーム)が決まれば記事を書いていくのですが

記事を書くときには型がある方がとても

楽に文章を書くことが出来、時間の短縮にも

なります。

 

 

この記事作成の流れを参考にして
『型』をしっかりと身につけることが大事です。

記事作成

 

まず記事を書くときの道筋の型

順番を決めておく

 

  • キーワードを決める(キーワードは3個以上
  • 記事のタイトルを決める
  • 本文を書く

 

キーワードは大体3~6は欲しいです。

 

タイトルを考えるときにキーワードを3~6個散りばめていると

検索に引っかりやすくなります。

その後の見出しの構成にもかかわってきます。

 

キーワードをたくさん入れてはどうかというと

タイトルは32文字以内と決まっているので、
(32文字以上だと・・・・と表示されます。)

たくさんキーワードを入れると文章的に
成り立たなくなってきますので
Googleからペナルティーを受けるので注意しましょう。

意味がある自然な流れのタイトルならば
キーワードは多ければいいです。

 

このような型(フォーム)で記事作成をしていきます。

記事作成

 

記事タイトルを以下のように決めるとします。

うさぎとかめ

かめがうさぎに競争で負けたのは寝ていたのが原因ではなかった

 

メインキーワードはかめ

関連キーワードはうさぎ、競争、負ける、寝ていた、原因

 

見出しを作る

見出し1 かめの足にはうさぎ負けない秘密があった

見出し2 うさぎがかめに負けのは競争意識が原因

見出し3 かめうさぎ競争の前に渡したものがあった。

 

こんな感じで見出しにタイトルのキーワードをちりばめる
ことでSEO対策に対していい効果になります。

 

タイトルと見出しの関連性がわかるような記事構成が
重要です。

 

記事の文字数の配分

 

記事ボリュームですが、多くても少なくても

ユーザーが興味を示してくれるならどちらも正解になります。

 

文字数が多いメリットとして

  • 滞在時間が増やせる
  • 自分が狙っていないキーワードで検索に引っかかる時がある。

文字数が少ないデメリット

  • 滞在時間が短い
  • キーワードの引っかかりが少ない

 

2~3分程度で読める量は

1500~2000文字です。

この程度なら片手間に読むことが出来
飽きられずにすみます。

目標は1500~2000文字にしましょう。

上記の表を参考にしてください。

 

上級者の方はもっと多くても大丈夫です。

長いと文章のうまさも非常にかかわってきます
慣れていない方は1500~2000文字を目指しましょう。

まとめ

キーワードを決め見出しに散りばめる。

表に載せたようにすると書きやすくなります。

もっと書けるようになったら見出し2(h2タグ)の中に
小見出し1(h3タグ)など入れていくといいです。

記事表