アファメーションを取り入れて、なりたい自分になる

アファメーションを利用することによって今までの自分と決別できます。

 

自分のなりたいものになれる

欲しいものが手に入る

タバコだって止めれます。

 

本当にいろいろなことが可能なんです。

やり方によって叶えるものも叶わなくなります。

 

 

これに興味を持った方は、今の自分に満足していないか 

もっとこれから上を目指していく方が、読んでいると思います。 

これからお金・恋愛・友達・会社関係、どの場面でも 

通用することを学んでいきます。 

 

もくじ

アファメーションとは

なぜ今の現状でいるのか?

ネガティブなことをいわれ続けるとどうなるか

アファメーションの効果的な使い方 

実現しないアファメーションとは 

 

 

アファメーションとは

アファメーション 英語のaffirmationとは肯定、断定、確定 

という意味があり、つまり自分自身の肯定的な宣言をすることを 

アファメーションといいます。 

 

 

これを読むことによって自分は変われることが出来ます 

それは脳への働きかけなんです。 

 

なぜ今の現状でいるのか?

そもそもなぜ今おかれている現状があるかというと、生まれてから 

大人になるまでに、周りの影響がすごく関わっています。 

 

 

例えば、親からなぜこんなことが出来ないとか、

なぜこんなに悪いの とか、

何かを挑戦しようと思った時には、

失敗している人が多いからやめた 

ほうがいいよなど、

言われたことはなかったでしょうか? 

 

後者はあなたの為を思ってのことなんですが、 

そういうことも含めて安全な道を進んでいたかと思います。 

 

ネガティブなことをいわれ続けるとどうなるか

 

ネガティブなことをいわれ続けるとどうなるかというと、 

これも自己暗示的に出来なくなる、挑戦しないなど物事に対して 

まず否定的(危険なことはしない)なことになり、 

うまく物事が運ばなくなっているのが現状です。 

 

これから自分自身が変わるにはどうして行けばいいのでしょうか 

それはアファメーションを取り入れることによって、変えていくこと 

出来ます。 

 

 

アファメーションの効果的な使い方 

自分かこれからやろうとしていることを、

常に繰り返し自分に言い聞かせる ということ。 

 

 

つのことをするだけで実現可能になる。 

 

 

 

アファメーションでは肯定的な言葉を使うこと。 

 

 

私は○○だ。私は○○出来る 私は○○するという言葉を使う。 

そうすることによって、出来るように脳は勝手に働いてくれる。 

 

否定的なことは、絶対思ってはいけないのだ。 

 

視覚化をすること(紙などに書く) 

タイプするよりはに自分で書いたほうが有効です。 

キーボードは打つ動作が八種類しかないので、

脳にイメージ するのに弱いです。

 

手書きするほうが動作が一万種類もあるので 

すごく鮮明に残るようにもなります。

 

いそがしい人スマホにメモ書きして、毎日見てもいいです。 

 

出来るというイメージを脳に焼き付ける 

 

常に出来るイメージをするこれって簡単のようで、実は 難しいです。

ちょっとでも出来ないイメージを持ってしまって 
イメージをしなおすことによって修正しますので安心してください。

 

 

例えばお札を出来るカードと出来ないカードを 

何枚も積み重ねていき最後には出来るというカードを一番上に 

積めばいいので、出来ないというイメージを絶対しないと 

いうことではないので、頑張ってやってください。 

 

 

実現しないアファメーションとは 

 

よく間違った言葉の使い方は、90kgの体重が あるとしよう、

2ヶ月で10kgやせると言い聞かせても 

脳は具体的なイメージが出来なくどうしても、

90kgをキープになる。 

 

なぜなら脳は10kg落としたイメージがなく、

90kgのイメージしか 考えられないからだ、

どういうイメージがいいかというと80kgに 

なるというイメージをすることによって、

脳が働いてくれて 実現していきます。 

 

 

もうつ例をだすと、タバコをやめたい人が、

“タバコをいついつまでに 必ずやめる“っと宣言するとします。

一見強い主張のように思えますが、 

脳がイメージができないので、やめれないことになります。 

 

どうすればいいかというと、ノンスモーカになるというイメージをすると 

ノンスモーカーのイメージはニコチンなどから程遠い存在なので 

必然とたばこを吸いたくなくなるとことです。 

 

 まとめ

正しく言葉を使用すれば、必ず効果を発揮してくれます。 

今の自分に満足できていないことがあると思いますが、

常に自分は出来ると信じて失敗を恐れずに行動をおこしてください。

 

失敗したことがない人には、何かをやり遂げたことがない人ですから。