鳥

ブログ書いている人リライトって必要なのかなぁ
日記みたいに書いている人はリライトする意味が
ないがアフェリエイトで収入を得ているのであれば
リライトの効果が上がります。

リライトを悩んでる

リライトってどうやってすればって思うけど、
公開後に誤字脱字発見は即リライトなのはわかる。

リライトしなくていいもの

昔書いた記事を読み返すと!

結構ナニコレーってなる場合があります。

  • 改行がおかしい
  • 意味わかりずらい
  • 説明の補足がいる。

いろんな理由でリライトしたくなってくる思いますが、
書いている記事数が少なければ、気になるところは
リライトすればいいです。

すでに記事数が多い、50以上ある場合

全部していたら時間がかかりすぎて大変です。

アクセスがない記事のリライトをすべきだと思われる方が
いますが、前にも書きましたが、公開してから最低3ヶ月
はSEO対策ではかかってしまいます。

この記事に書いています。

 

アフェリエイト初心者が稼ぐコツ、アクセスアップ方法

 

公開して3ヶ月以内のものはリライトしない。

積極的にリライトしていきたい記事とは

point

リライトする記事の優先順位は

アクセスがいい記事をリライトすれば、
効率がいいです。

Google Search Consoleを使えば順位がわかります。
(まだブログ書き始めの方はあまり反映されないので
まだ見なくてもだ丈夫です。)

アクセスがある記事をリライトして順位を上げれれば
さらに効果的になりますので、深堀してリライトしましょう。

リライト後の順位に注意していれば、リライト後
よかったのか、悪かったのかが判断付きます。

リライト後順位を下げていたら何の目的でしたかわからなくなります。

そこで次の項目でリライトの仕方を説明します。

何をどういう風にリライトをすべきか

リライト

順位が高いサイトはグーグルにいい記事だと評価されている
のですから、そのサイトを見る。

間違い探しではないですが、
自分の記事と比較する。

上位サイトにあって自分のサイトにはないもの。
これをまず付け加える。

決してコピーはしてはいけません。 ^^)

わからないことは自分で調べて書くことで
オリジナルがでるので、SEOにとって
すごく効果が上がります。

即リライトすべきもの

なにかの説明で昔あった機能で今は変わっていることなどは
必ず書き換える。

古い情報があると離脱の原因にもなります。

まとめ

アクセスがいいものをリライトしていくことで
効果的に順位を上げるのにいいです。

記事はできるだけわかりやすくかけているかを
checkしましょう。

古い情報は新しく変える。

上位サイトを見てない情報を付け加える。

これが出来れば上位UPも間違いないでしょう。