ゴルディロックス効果を使って自分が売りたい値段で売る方法

ゴルディロックス効果を使って自分が売りたい値段で売る方法 

 

ゴルディロックスを知っている営業マンは売り上げがとてもいいのを知っていますか?

 

そもそもゴルディロックス効果ってなに、聞いたことが 

ないかもしれませんが、名前は知らなくても内容を 

聞けば知っているという人も多いと思います。 

心理効果のひとつともいわれています。 

 

これはひとことでいうと3つの選択肢があるとすると

真ん中をとる心理です。

 

もくじ 

ゴルディロックスの由来 

ゴルディロックスの効果はどういうもの 

ゴルディロックスの実用事例 

どうして真ん中を選んでしまうのか 

まとめ

 

 

 

ゴルディロックスの由来 

bear

ゴルディロックスはヨーロッパの童話で 

ゴルディロックスと匹の熊という話の 

元になっています。

 

ゴルディロックスという女の子がいて三種類のおかゆを選択

  • 熱いもの
  • 冷たいもの
  • ちょうどいいもの

ちょうどいいものを選択するというお話です。

 

 

ゴルディロックスの効果はどういうもの 

 

ちょうどいいとか心地よいなど 

安定の心理現象のことで真ん中のものを 

選んでしまうことです。 

 

 

ゴルディロックスの実用事例 

 

例えば、本を売るとします。 

必ず価格帯をつ作ります。 

1000円、1500円、2000 

 

  1. 1000円は本のみで売ります。 
  2. 1500円は本とDVDをセットで売ります。 (売りたいものを置く)
  3. 2000円は本とDVDと質問を受け付けるサポート 

 

1.本だけでは、分かりにくいことでも

2.DVDなど動きのあるものだったらより、分かりやすい。 

3.質問するまではいらない。 

 

こういう心理を付いて大抵真ん中を選んでしまいます。 

売れる比率的に2:5:3の割合になることが多いそうです。 

 

どうして真ん中を選んでしまうのか 

 

人はどうしても損をしたくないと思い 

判断基準である、価格と内容を吟味して 

無難に物事を決めたいという心理がいつも 

働いているので、たいていの人が真ん中を 

選ぶようになっています。 

 

他にも 

松竹梅、 

SML 

大・中・小 

並・大盛り・得盛 (牛丼) 

ハイエンド・ミドルエンド・ローエンド(パソコン性能) 

いい方はいろいろありますが、結局多く売れるのは

ちょうどいい真ん中です。

 

 

まとめ 

生活していくうえで様々なものが、選択によって選ばれています。 

選択はなくてはならないものですが、とりわけ選択が多いと 

人間の脳は疲れてしまい、購買意欲を損なってしまいます。 

 

商品の種類が多すぎて分からないから買わないってことはないでしょうか? 

すべてを理解するっていうのは、どうしても疲れてしまいますし 

前にも書きましたが、損をしたくないと思ってしまうので 

買わないという選択になるわけです。 

 

人に何かを選んでもらう時には、つのものが有効なのです。 

いろいろなものに生かしていってください。