世の中のいろんなことが80対20になっている法則

世の中のいろんなことが80対20になっている法則

 

世の中のいろんなことが「80対20」になっているって知ってますか? 

 すべての事柄が80対20の法則によって成り立っています。

少しでも今の生活の向上を目指しているなら是非とも呼んでいただきたいです。

 

くじ

80対20って誰が発見したのか?

80対20の法則とは「パレートの法則」とも呼ばれ、イタリアの経済学者 

ヴィルフレド・パレートが発見した原理です。 

 

80対20のそもそもの事例

イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートがイタリアの国土の80%を人口の20%の人々が所有しているという不均衡に気付いたことで、この傾向がいろいろな分野に当てはまるということで、80対20の法則に至ったわけです。 

 

様々なものがその法則がなりたっています。

売上の80%は全品目の20%が生み出している。 

会社の収益の80%は、全顧客の20%がもたらしている。 

会社の生産量の80%は、全従業員の20%がもたらしている。 

 

商品ならすべてのものが売れ筋商品ではなく、本当に売れてるものは20%だということ。

 

会社の収益もある特定の顧客の20%が売り上げに反映しています。

 

会社の生産量の貢献も20%の人や物でしめています。

 

時間の管理を整える

 

多くの方が1日24時間しかないなか、

時間を無駄に使っているので 

パレートの法則が最もよく応用されるのが時間管理です。 

 

もっと身近に考えてみましょう。 

 

無駄をなくせば、自分が本当にやりたいことに集中できます。

 

こんなことやっていませんか? 

 

  • 例えば、会社に行きまずメールチェックをするとしましょう。 
  • そこにはたくさんのいらないメールが含まれていることで それの仕分けの時間がかかってしまいます。  
  • 何かを検索しなくてはならないと時に、ブラウザーを立ち上げたときに 目に飛び込んできた記事を読みあさっては、ないでしょうか 
  • 飲み物が欲しくなり、自分のデスクから離れて買いに行ったりしていませんか? 

 


改善方法はいたって簡単 

 

仕事をしていて80%は無駄になっているものを削除。

20%を有効に使っているものがあるとすれば、

20%にもっと力を注げば営業しているなら営業成績も上がるし、

生産していれば生産効率も上がる。

 

デスクワークにおいても

  • メールの振り分け機能を使い、いらないものは自動排除しましょう。 
  • グーグルのブラウザーなどに変えましょう。 
  • 飲み物は前もって用意しておく 

 

広告メールは見る必要はないし、自動削除

 

グーグルのブラウザーにしていれば、

ついつい興味をそそる話をクリックすることがなくなる。

 

世の中 いろんな誘惑にかられてしまい、

貴重な時間を失ってしまうことになります。 

 

少しの時間でも換算すると、

すごい時間が何も得にもならないことで 消費されていることになります。 

 

1日15分読み流し 15分x30日=450分=7.5時間

 

自分にとって息抜きする時と集中する時とを、

区別すると効率よく物事をこなせていけることでしょう。 

 

 

まとめ 

大切なことはかならず「80対20」の比率になるということではありませんが、 今やるべきことかどうかを見極めることが大切です。