イッテQの写真

イッテQといえば、海外ロケがメインの番組の一つである。

イモトワールドツアーに始まり、出川さんの英語での初めてのおつかい、中岡さんのQTubeなど人気コーナーになっているが、

よく考えるとすべて海外ロケになっている。つい先日はやっと宮川大輔さんのお祭りコーナーが約1年4カ月ぶりに復活した矢先の出来事です。

イッテQの海外ロケはコロナウイルスで実現不可能な状態。

これだけ世界を悪い意味でにぎわせているコロナウイルスの影響がイッテQの企画に大打撃。

連日のコロナウイルスの報道では日本では海外と比べるとそれほど感染者の増える割合は低いとされてはいるが、

世界に目を向けると、約170カ国・地域で計30万人以上が感染。死者も1万5000人になっている。

入国制限に至っては国・地域の数が2020/3/19の時点で合計112だったとしている。前日からは24増えているということなので、このまま考えると想像もつかない。

こんな数字を見せられると海外ロケは実現不可能な状態なのもわかる。

新型コロナウイルス・外務省海外安全ホームページ

イッテQの海外ロケは本当に実現できるのでしょうか?

中国で始まったコロナが日本、韓国そして、ヨーロッパに拡散、特にイタリアでは死者6000人。

空前絶後のパンデミック宣言も飛び出し、自粛禁止が必須になる中もはや、娯楽のためのロケは許されないでしょう。

 

イッテQ以外にも海外ロケ番組の影響は。

海外のシーンでの飛行機

今やイッテQに限らず、海外ロケをする番組はたくさんある。

コロナウイルスの影響で、海外ロケを自粛しなければいけない状態になっているのはどこも同じ状態だが

海外に行かないと成立しない番組がある。

  • 世界ふしぎ発見!
  • 世界の村で発見!こんなところに日本人
  • 世界ふれあい街歩き
  • アナザースカイ
  • 世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?

考えてみるとたくさんあることがわかると思います。

他にも

ミュージシャンならジャケット撮影やレコーディングで海外に行ったり、モデルが写真を撮るにも海外が使われることが多いが、今後は出来なくなりそうだ。

以前、私の知り合い(有名ミュージシャンのギター担当)レコーディングはなぜ海外に行くのかと聞いてみたことがあるが日本にいる時と違って、集中出来ていい作品が出来るといっていたのを思い出しました。(わかるような気もする)

見えないところでいろんな分野でも創作活動にも影響を及ぼし始めています。

話しはそれましたが、今現時点では撮りだめたものがあるので次週から放送できないということもないそうです。

特に海外に行かないと成立しない番組は、今後長引けば番組自体が休止に追いやられるのも現実味をおびてきているのも事実です。

イッテQの日テレ幹部は国内ロケも検討している。

日本テレビ

日テレに幹部によると撮りだめがあるので、すぐには放送の影響はないのだが、連日のコロナウイルスの影響で海外ロケは出来そうになさそうなので今後、日テレの幹部は国内でロケを検討はじめています。

イッテQでも日本でこんな感じやるではないかと私は考えます。

出川の英語で初めてのおつかいでも、海外でなければ出来ないことはないと思います。六本木に行けば、まるで海外にいる雰囲気のところなので、道を歩けば外国人はすぐにつかまるので、英語には事欠かないでしょう。日本の地名の場所などは出川さんも知ってられるのでできないかもしれないので、お店の名前など探していくっていうのもいいのではないでしょうか。

ロッチ 中岡QTubeもいってしまえばどこでも出来るやんって思ってしまいます。

イモトワールドツアーはイモトの国内ツアーに変更 ^^)  それはないかな。

国内ロケを使って日本のいいところを人気番組で紹介していくと、日本経済にもプラスに働くんじゃなかなーって思っています。

 

国内番組ですでに人気がある番組といえば

  • 1億人の大質問!?笑ってコラえて!
  • 出川哲朗の充電させてもらえませんか?
  • cool Japan
  • 和風総本家

このように日本のいいところを紹介する番組はあります。

イッテQの規格にも国内ロケで日本人があまり知らない場所でロケをすれば、また違った意味で盛り上がるのではないでしょうか?

日本で行ったことや知らない場所などまだまだたくさんあると思うので、身近に行けるところであれば行って見たいと思います。

 

コロナの影響は世界各地で対応に苦慮している中、イッテQの日テレ幹部がどのようにピンチをチャンスに変えるか、また番組自体がどう乗り切るかを期待するところです。