ジョニ男の写真

【イワイガワ】の岩井ジョニ男という芸人を
知っていますか?

イワイガワは岩井ジョニ男さんと井川修司さん
とのコンビで浅井企画所属のお笑い芸人です。

今回紹介するのはジョニ男、「昭和のサラリーマン」
のようなスーツスタイル、
昭和からタイムスリップしてきたような方です。

49日間連続でタモリ宅へ通い続け、
弟子入りを懇願したのでも有名なジョニ男です。

この記事では、ジョニ男の人柄や交友関係
そしてタモリさんとの仰天エピソードなど
紹介していきます。

最後まで読むとジョニ男のことが
好きになると思いますよ。

イワイガワ・ジョニ男の人柄

ジョニ男は非常に律儀な性格で、
冗談もあり多くの人気芸能人とも
交友があります。

ジョニ男の人柄を知るのに
プロフィールなど踏まえ紹介
していきます。

イワイガワ・ジョニ男のプロフィール

岩井ジョニ男プロフィール
  • 生年月日 1974年04月27日 (45歳)
  • 血液型 B型
  • 出身地 千葉県印旛郡白井町(現・白井市)
  • サイズ 身長 168.5cm・体重 57kg
  • 資 格 普通自動車免許、大型自動二輪免許
  • 趣 味 ゴルフ、老舗居酒屋めぐり、トンネルマニア、ヴィンテージスーツの収集
  • 特 技 ジルバ、サッカー(オーバーヘッドキック専門)

ジョニ男が所属する浅井企画の公式
プロフィールでは、年齢不詳になっています。

しかしながら生年月日は漏れ出ていますが、
未だに年齢不詳になっています。

いろんなインタビューで年齢が二転三転して
いますが、おそらく1974年04月27日で
(45歳)になります。

イワイガワ・ジョニ男の交友関係

ジョニ男の所属している場所は五反田にあり、
この五反田を本拠地にして飲みに行くことが
とても好きだそうです。

仲間と飲むお酒を愛するジョニ男は、
数々の安くて美味しいお店の情報を知っており
お金がない時代から、通い続けているそうです。

ジョニ男は定期的に「週末の大人の会」
開いており、メンバーがすごいんです!

主催者は

  • バッファロー吾朗A
  • 飯尾 和樹
  • やす

メンバーには

  • 藤井隆
  • 椿鬼奴
  • キャイ~ンウド鈴木
  • 小籔千豊
  • 野性爆弾くっきー

このメンバーで飲んでいるので
かなり盛り上がるそうです。

これだけの人が集めることがジョニ男さんって
結構魅力的な方だと思われます。

おかげさまで毎回楽しいです。
事務所が違っても、
お酒があれば繋がれるってね。

引用:五反田計画

イワイガワ・ジョニ男の律儀な性格

SNSといえばインスタ、ツイッター、
フェイスブックなど色々ありますが、
ジョニ男さんはインスタのみやっています。

インスタをやるきっかけは、
カメラマンに言われて始めたそうで、
その時には娘さんや娘の友だちからも
大変喜ばれたそうです。

娘さんが喜ぶなんて、いいお父さん
しているんだなーて感じます。

インスタグラムのイラスト

律儀だなーって思うエピソードがあります。

インスタを始めたときに友達に挨拶するのに
暑中お見舞いを送る感覚で始めたのを報告すると

相手からの返事は

フォローしろってことか?”ゴリ押しじゃん”とか
言われたそうです。

それもそのはずジョニ男さんはSNSはすごく
尊敬に値するような(崇高)ものだと
思っていたので、あらたまった文面で送ったそうです。

なので相手が勘違いしたそうです。

こんなジョニ男さんの人柄が出ていますね!

なんかファンになってしまいます。

イワイガワ・ジョニ男のタモリとの出会い

ジョニ男はタモリさんの人柄にほれ、
弟子入りを懇願すべく49日も通い続けた
エピソードがあります。

誰も真似できないことですが、タモリさんの
家に一ヶ月通い続けたときに、タモリさんから
明日くるようにと告げられたので、

弟子入り決まったー!と思ったら、次の日尋ねると、

ジョニ男はタモリからこういわれました。

「この世界はフィーリングで君に教えることできなから、もう二度と来ないでくれ」

引用:マイナビニュース

近所迷惑だからと断られてしまったそうです。

普通はここで諦めますが!

この世界はフィーリングっていう意味を聞きたく
ジョニ男はまた次の日も行く。

タモリから

「あれ? 昨日言ったこと分かんなかったの?」

引用:マイナビニュース

さすがにジョニ男は「膝から崩れ落ちてました」と
ショックを受けたそうです。

もうここで大抵の人はあきらめますが、、

さらにそこから19日連続で通い続け
ついにタモリさんは根負けして
タモリさんの運転手になりました。

よほどジョニ男さんはタモリさんのことが
好きだったんでしょうね。

イワイガワ・ジョニ男はタモリを怒らせた!仰天エピソード

あの温厚なタモリさんを怒らせたことが
あります。

タモリさんがどんなに温厚だというと
大抵は遅刻などした場合、怒ってしましますが
タモリさんは遅刻したジョニ男さんのとこに
怒りもしなく迎えに行ったそうです。

またタモリさんの所有の船に乗る際に
ジョニ男さんが船をロープに縛り付けて
いなかったせいで、タモリさんが海に落ちたことが
ありました。それでも怒りませんでした。

こんな温厚なタモリさんを
怒らせるってどういうこと?って思いませんか!

こんな事がありました。

ジョニ男さんが運転中、タモリさんの趣味は
古地図と照らし合わせながら今の地図を見て
外の景色を見ているそうです。

そのときにジョニ男さんは道を間違えるし、
混んでいるところに行ってしまうので、

タモリさんは静かに 

なんでこの道から来たの!
この時間だったらこの道ではだめ!

時には運転席に乗り出して指摘することも
あったそうです。

静かに怒るって怖いですね!

 

もう一つのエピソードがあります。

それは焼き肉に行った時にジョニ男を
網いっぱいに肉を並べていったそうです。

さすがの食通タモリさんは突然激怒したそうです。

鍋奉行でなく肉奉行ですね!

だれでもこだわりがあるので、ジョニ男の乱雑な
置き方など気に食わなかったんでしょう!

それぐらいしかタモリさんの怒ったエピソードが
ないのでかなり温厚なんでしょうね。

まとめ

「イワイガワ・ジョニ男はあの温厚な
タモリを怒らせた!仰天エピソード」で
記事を書きましたが、ジョニ男さんは
実は本も出版されています。

タイトル『幻の哀愁おじさん』


 

この本はジョニ男さんのことを知らなくても
ちょっとわらえるし、なぜかホッとするような
気持ちにさせられます。
レトロ感が好きな方にもオススメです。

ジョニ男さんの人柄を知った人は本当に
ファンになってしまうほど魅力的な方です。

今後もさらに活躍の場を増やしていってほしいです。