アフェリエイトにおいて重要なメタディスクリプションの正しい書き方

アフェリエイトにおいて重要なメタディスクリプションの正しい書き方

景色

 

メタディスクリプションをおろそかにしていませんか?
最初のクリックしてもらう窓口になります。

何も設定していないと最初の文が掲載されてしまうことになります。

 

記事内容がいいのにメタディスクリプションを適当に
書いてしまうと非常にもったいないです。

誰しもそうだと思いますが、何かを調べるときに
必ずそこを読んでから自分に合った記事に対して
クリックすると思います。

 

まずメタディスクリプションを知らない人のために

 

メタディスクリプション
下記のように説明されているものです。

メタディスクリプション

メタディスクリプションの書き方を紹介します。

 

メタディスクリプションの正しい書き方と補足

 

文字数がある

私が使っているテーマには以下のように書かれていました。

ほとんどの検索エンジンの説明は最大160文字です。

これは違う

私はせっせと160文字を書いていました。
書いてもいいのですが、切れてしまうので
もったいないです。

 

 

実際は文字数は120以内となっています。

 

参考までに

PCにおいて表示できるのは120文字程度となっています。

スマホだと90文字ぐらいとなっています。

 

 

 

 

文字数オーバーだとそれ以降は「…」と表示されてしまいます。

スマホの場合50と書いてあるHPもあるのですが、
87文字を確認しました。

これは決まっているわけでもなくおおよそなので
重要なものを(キーワード)前半に書くことです。

 

チェック1

メタディスクリプションでは記事のタイトルでは伝えきれない
ことを含めて書き足すことができるので、SEO的には書かない
手はないです。

チェック2

キーワードを入れると検索結果に太文字で表示されるようになるので
それをみた人のクリック率を上げることになります。

上記にある文字 【ゴルディロックス効果】で検索した結果
太文字で表示されているのがわかると思います。

リスがランドセル

チェック3

関連キーワードにはかならず入れてください。

タイトルだけでは短いのでいろんなワードから引っかかるように
するためにメタディスクリプションをつかうと思ってもないワード
でも引っかかるようにもなります。

 

 

2点のことで重要なメタディスクリプション

1.

記事に大まかな内容を伝えれことができる

その結果クリック率が上がる

 

タイトルの下の説明を読むことで興味を持ってもらいクリックして
もらえるようになります。

重要な説明文は前半に持ってくるように書く。

 

2.

グーグルに対してキーワードを明確に伝えることができる。

検索結果の上位に食い込めます。

タイトルだけでは検索されないワードも
メタディスクリプションに入れることによって
検索にひっかかることになるので有効です。

 

知っておくべきこと

 

Googleが自動で書き換え

マッチしていないキーワードがあると

Googleが勝手に本文から自動抽出して

メタディスクリプションを変える時があります。

 

まとめ

  • メタディスクリプションを書くとき
  • web内容と整合性をとって書くようにする
  • 重要なワードは前半に入れる
  • 文字数を意識して書く
  • 効果的な表現を使うことによってクリックされるような
    魅力的なメタディスクリプションを作成することが重要です

 

すべては良質なweb内容があってのことです。