アヒルと新聞

損をしたくないプロスペクト理論とは

 

 

プロスペクト理論とは

人は絶対に損をしたくない心理状況だということです。

 

この方法をつかえるようになると相手の心理を自由に動かすことも出来ます。

 

 

もくじ

 

プロスペクト理論は誰が発表したの

あなたならどちらを選びますか?

人はどうして深層心理に損をしたくない方向を選択するのか 

損をしたくない心理に追い込む言葉(悪用厳禁)

 

 

プロスペクト理論は誰が発表したもの

1979年にダニエル・カーネマンとエイモス・トベルスキー 

によって発表されました。

 

いろんな選択において利益、損益を加味して、確率的に 

どうなるかによって、人はどのような選択をするか記述するモデル 

ことである。 

 

 

簡単に言うと 

プロスペクト理論とは一言でいって 

損得勘定のことです。 

 

いってみれば損をしたくない心の叫び 

これがプロスペクト理論だといってもいいでしょう。 

   

 

 

あなたならどちらを選びますか? 

くじ

実例1 

10回くじを引いて 

  • 1万円を90%もらえる  
  • 9千円を100%もらえる  

 

たいていの人は後者を選びます。 

期待値はどちらも9千円なんですが、 

100%もらえることで、損をしたくない 

という考えからきます。 

 

 

実例2 

 

10回に以下のゲームを参加するとします。 

どちらを選びますか? 

 

  • 9千円を100%失う 
  • 1万円を90%の確立で失う 

 

たいていの人が後者を選ぶと思います。 

100%失うなんて誰もやりたがらないですよね 

期待値はやはり9千円なんです。 

 

実例3

ガラガラ

がらがらのクジで2つのものがあります。 

赤玉がでれば当たり。 

 

  • 赤玉100個、白玉100個入っているもの
  • 赤玉、白玉入っていますが、数がわからないもの 

 

どちらのくじを引きますか? 

前者のクジですよね 

前者は50%の確立であたりが出ます。 

後者はもしかしたら赤球が入っていない

ので選びにくいですよね。 

 

よくよく考えて同じような結果なのにも関わらず 

損をしないほうを選んでしまっています。 

当然のことですよね 

 

その問題の答えは「プロスペクト理論」に関わっています。 

2万人を超えるユーザーが選んだSEOテンプレート【賢威】

人はどうして深層心理に損をしたくない方向を選択するのか 

 

どうしてこういうことが起こっているのか 

ここでも人は絶対損をしたくないという行動 

を起こしてしまいます。 

 

そもそも人間は狩猟生活しているとき、 

いつ獲物をとれるか分からない状況で 

暮らしていました。いつも危機感でいっぱいで 

獲物を取れなければ、死に直結するので 

絶対失ってはいけない心理が根底にあります。 

 

 

損をしたくない心理に追い込む言葉(悪用厳禁)

 

悪い人

損をしたくないという根底から 

私達が、日々生活している中でどうしても気になって 

しまうものそれらの言葉は、以下のものです。 

 

今だけ限定 

期間限定 

個数限定 

全額返金補償 

 

なにかアクションを起こさないと損をすると思い 

購入してしまう心理を付いています。 

 

今買っておかなくては損をしてしまう。 

期間限定だからもう手に入らない。 

数が決まっているので早く買わなくちゃ。 

全額返金補償が付いているから損をしない。 

 

 

まとめ

日常生活においていろいろなものが目に入り込んでくるようになり

どうしても購買意欲が高くなりがちですが、

よく考えて行動してください。 

私はプロスペクト理論を知っているんだと思って 

行動できれば買わなくてもいいものを買わなくてすんだり 

します。