子供に人気のボードゲームおすすめ10選の
紹介です。

子供とボードゲームをするのはとても
楽しい時間になると思います。

ボードゲームをすることでルールを
覚え、かけひきや、思考などを使い
人間形成にも非常に役立つ効果があります。

ボードゲームは対象年齢が上がるほど
ルールが細かくなっていくので
年齢に応じたものを選んでいくのを
お勧めします。

数あるボードゲームで人気のものを
紹介していきます。

子供に人気のボードゲームおすすめ10選!家族で楽しめる【2020】

子供と一緒にやるボードゲームの紹介です。

お父さんお母さんが子供の頃
楽しんだことがある今でも人気の
ボードゲームなどもあります。

人生ゲーム

誰もがやったことがある人生ゲームです。

  • 【対象年齢】6歳以上
  • プレイ時間:40分~1時間分
  • プレイ人数:2~6人

人生ゲームの写真

各プレイヤーが億万長者を
目指してコマを進め、
さまざまな職業についたり、
結婚、出産、転職、家を
購入したりするゲームです。

本当の人生を歩んでいくような
ゲームになっています。

モノポリージュニア

モノポリージュニアを紹介します。

  • 【対象年齢】5歳以上
  • プレイ時間:1時間半~2時間
  • プレイ人数:2~8人

モノポリーの写真

人生ゲームのように止まった場所で
すべてが左右されるのではなくて
土地や会社などを売り買いして
資産を増やしていくゲームになります。

通常のモノポリーと同じですが
子供がより楽しくなるように
作られています。

コマがかわいくなっており
かわいい猫や犬、車や船なっているのも
特徴の一つです。

不動産売買では

  • ゲームセンター、
  • ペットショップ
  • キャンディー屋

などにして子供にも
わかりやすくしています。

ドンジャラ

ドンジャラ

  • 【対象年齢】6歳以上
  • プレイ時間:30分
  • プレイ人数:2~8人

ドンジャラの写真

ドンジャラは麻雀の子供版みたいなものです。

かわいい牌を使って同じ絵柄をそろえていく
ゲームになります。

同じ絵柄を揃えればいいので、
小さい子供でもわかりやすいと
思います。

中学3年生ぐらいまでなら楽しんで
出来るゲームです。

オセロ(リバーシ)

オセロ(リバーシ)

  • 【対象年齢】5歳以上
  • プレイ時間:10~15分
  • プレイ人数:2人

オセロ(リバーシ)の写真

オセロは一度はやったことあるかと
思います。(リバーシとも言います。)

二人のプレーヤーが交互に駒である石を
交互に置いていき相手の石を
自分の石で挟むことによって

自分の駒に変えていくゲームです。

大人から子どもまで楽しめ
駒の置き方次第で大きく結果が
異なるという醍醐味が味わえます。

戦略を練って攻める楽しみなど
奥深いため、この機会に攻略してみては
いかがでしょうか。

ナンジャモンジャ(シロ・ミドリ)

ナンジャモンジャ

  • 【対象年齢】4歳以上
  • プレイ時間:15分
  • プレイ人数:2~6人

なんじゃもんじゃの写真

ナンジャモンジャ聞いたことありますか?
TVでも紹介されたぐらい人気があります。

ナンジャモンジャという生き物が何種類も
それぞれのカードに描かれています。

最初に出たカードに名前を付けていき
再び同じカードが出たときに一度つけた
名前を早く答えた人が勝ちというゲームです。

ナンジャモンジャは手足が生えていおり、
大きな頭の持ち主で描かれている絵です。

似ているので付けた名前を忘れてしまうのが
またおもしろいです。

ナンジャモンジャはシロとミドリがありますが
色違いはキャラクターのデザインだけです。

ワードバスケット

ワードバスケット

  • 【対象年齢】4歳以上
  • プレイ時間:10分
  • プレイ人数:2~8人

ワードバスケット写真『ワードバスケット』は、
しりとりの要素を取り入れた
語彙と瞬発力が試される
ボードゲームです。

ひらがなを使ったしりとりゲームなので
簡単に始めることができます。

最初に手札と場に札があります。
場のカードをめくってからスタートです。

場にひらがな””という文字が
あったとしましょう。”さ”から始まる
言葉を考え手札に”ま”があったら
いもといって場にだします。

頭の文字と自分が手札に持っている文字を
組み合わせかつ一番早く作れた人が場に
出すことができ、カードがなくなれば終了です。

 

どこでもドラえもん日本旅行ゲーム5

どこでもドラえもん日本旅行ゲーム5

  • 【対象年齢】5歳以上
  • プレイ時間:30~60分
  • プレイ人数:2~6人

ドラえもん日本旅行ゲームの写真

どこでもドラえもん日本旅行ゲームは
すごろく形式で、日本中を回りながら
ゴールを目指していくゲームです。

これは全国をまわりながら各地の
名所や名物を覚えられ勉強にも
なります。

都道府県の名前も覚えられるので
とてもいいと思います。

海外や世界を回るゲームを追加した
豪華版なのでむずかしい地名なども
覚えるのにすごく役立ちます。

ブロックス

ブロックス
【対象年齢】7歳以上
プレイ時間:20分
プレイ人数:2~4人

ブロックスのゲーム写真

ブロックスは、フランス生まれの
シンプルな陣取りゲームです。

ピースを角で接するように置いていき、
手持ちのピースが少ないプレイヤーが
勝ちとなるゲームです。

プレイヤーの先読み能力が必要とするので
ゲーム自体はシンプルですが、
子どもが飽きさせずに遊べるゲームです。

 

おばけキャッチ

おばけキャッチ

  • 【対象年齢】8歳以上
  • プレイ時間:20~30分
  • プレイ人数:2~8人

おばけキャッチの写真

『おばけキャッチ』はカードに
描かれた絵をよく見て、正しいコマを
素早くキャッチするゲームです。

60枚のカードと5種類の駒を使って
カードを1枚つづめくって正しい駒を
素早くキャッチするゲームです。

なので観察力と瞬発力が試されるように
なっています。

脳をフル回転させるので、頭の回転が
良くなります。

カタン

カタン

  • 【対象年齢】8歳以上
  • プレイ時間:60分
  • プレイ人数:2~4人

カートのボードゲームの写真

カタンは世界中でとても人気のある
ボードゲームです。

世界中で2000万個の売り上げが
ありました。

カタンは資源を増やし街道や建築物を
建てながら勝利ポイントを得ることです。

自分のターンに勝利ポイントが
合計10ポイントになったプレーヤーの
勝利となります。

進め方はこういった具合です。

  • ダイスを振って資源を獲得
  •  交渉や取引で資源を交換
  • 街道や開拓地、都市を建設
  • 発展カードを購入&使用

対象年齢は8歳以上ですが、
10歳ぐらいでないと
むずかしいかもしれません。

まとめ

ボードゲームを10個紹介しましたが、
気に入ったものはあったでしょうか?

今やスマホの時代でスマホがあれば
何でも出来てしまいます。

しかしボードゲームは対戦、協力と
いったみんなで楽しむゲームです。

ルールは簡単でシンプルなものでも
奥深く、飽きさせることなく
楽しめることが出来ます。

おすすめしたものの中で、
やったことがないものがあれば
ぜひとも挑戦してください。

タイトル
【子供に人気のボードゲーム
おすすめ10選!家族で楽しめる【2020】で
お伝えしました。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

今年のGWはコロナ自粛で暇すぎ!自宅で有意義な過ごし方6選!