川内優輝さんプラウベートでは
2019年5月18日に結婚しています。

川内優輝さんには二人の弟がいて
次男はウルトラマラソンの競技者で
3男は久喜市議会議員となっています。

そんな3人子供を育てた母親の
スパルタ教育と優輝さんの奥さんに
ついても紹介します。

川内優輝の兄弟は3人で三男は久喜市議会議員!

川内優輝さん冒頭でお伝えしたように
昨年結婚をしています。

川内優輝の結婚相手

川内優輝さんと奥さんの結婚式でケーキを切っているところ

写真元:優輝さんのfacebook

結婚相手は実業団デンソーに所属していた
水口侑子選手です。

学生時代には日本学生ハーフマラソンで優勝!

後にデンソーに入り主力選手として活躍
全日本実業団女子駅伝でも3連覇に貢献しました。

2019年3月に実業団を退社しています。

同年5月にあったバンクーバーマラソンで
優輝さんとアベック優勝しています。

引退しても優勝するなんてすごい実力ですね。

川内優輝は3兄弟

川内優輝さんには弟が二人いました。

  • 長男:優輝(ゆうき)
  • 次男:鮮輝(よしき)
  • 三男:鴻輝(こうき)

二人の弟はウルトラマラソンで
世界5位以内入る実力者です。

3男はなんと久喜市議会議員さんです。

久喜市はどこにあるのって知らない方の
ために

さいたま県

にあります。

2020年11月22日に新婚さんいらっしゃいにも
出演予定です。

川内優輝の母親のスパルタ教育の秘話

川内優輝の家族の写真

写真元:DogsorCaravan.com

川内優輝さんは始めは公務員ランナーで
活躍し名を上げましたがなぜこんなに
速かったのでしょう。

それは優輝さんの母親がスパルタ教育を
していたことを話しています。

優輝さんが小学生になった時に弟さん達も
連れて毎日目標タイムに届くまでは
タイムトライアルをさせていたそうです。

ボストン・マラソンで優勝した時の
母親のコメント

「練習をすれば速くなるんじゃないかと思って、
公園でタイムトライアルを始めました。

小学校卒業までほとんど毎日、全力疾走させましたね。

私はもともと中距離のランナーだったので、
遅いペースで走るという考えがなかったんですね。
常にダッシュです。

本人は口には出さなかったけど“鬼ババア!”って思っていたでしょうね。
当時の練習が今に生きているとは、さすがに思いませんけど」

2005年に優輝さんは学習院大進学が決まった頃に
父親の葦生さんを59歳で亡くしています。

母親のコメント

「次男の鮮輝と4つ、三男の鴻輝とは6つ学年が離れているので、
父親代わりで面倒も見てくれました」

優輝さんは学習院大を卒業して埼玉県庁に
入ったときには家計をサポートしてくれた
ことを母親である美加さんはかたっていました。

この埼玉県丁の時に公務員ランナーとして
実績を残し有名になりました。

母親は埼玉県丁に入ったのもあり
長男の優輝さんはプロの世界には
いかなく、趣味でマラソンをすると考えていました。

しかし
今や誰もが認めるマラソンの選手になったのは
いうまでもありません。

まとめ

川内優輝の兄弟は3人で三男は
さいたま県の久喜市議会議員さんでした。

優輝さんの奥さんもマラソン選手で
デンソーの主力選手水口侑子選手
なので結婚してもマラソンのことを
よく知っているので互いに話し合える
いい環境ですね。

母親美加さんは優輝さんが小学校に
上がったときからスパルタ教育として
タイムトライアルをさせていたのが
結構今の実績につながっているのでしょうね。

美加さん自身も中距離ランナーだったので
マラソンを遅く走るということをしていなかった
そうなのでタイムトラベルを採用していたの
かもしれません。

今後のさらなる優輝さんのご検討を
お祈り申し上げます。

苦しいけど走っている姿を拝見すると
私も頑張らなくてはという気持ちに
させてくれるのでいつまでも見ていたいです。