ナオキマン

ナオキマンショーは英語表記でNaokiman showで
ナオキマンがユーチューバーとして運営しています。

都市伝説のユーチューバーとして今一番
勢いがあるナオキマンの通っていた大学や
年齢、出身、家族など紹介していきます。

そしてナオキマンは都市伝説のYouTubeを
始めたきっかけなども一緒に紹介しますので
最後まで読んでください。

ナオキマンが英語がうまい理由も納得です。

ナオキマンショーって誰?年齢や出身は?【Naokiman Show】

ナオキマンさんは「Naokiman show」という
メインチャンネル

「Nokiman」というサブチャンネルを運営しています。

「Naokiman show」は

  • チャンネル開設日:2017年06月07日
  • チャンネル登録者数 123万人
ナオキマンプロフィール
  • 名前:ナオキマン
  • 愛称:アゴナー
  • 生年月日:1990年11月3日生まれ 29歳(2020年7月現在)
  • 出身:アメリカワシントン州シアトル
  • 身長170cm前後
  • 体重:50~55kg
  • 好きな漫画:ONE PIECE、NARUTO、ハンターハンター、デスノート
  • 好きなミュージシャン:ELLE GARDEN, Dir en Grey、Slip knot
  • ナオキマンの父母:日本人

日本人かと思っていたら出身がアメリカなんです。

18年間アメリカで育っているのでマインドは
アメリカ人の方が強いかもしれませんね。

ナオキマンの両親2人とも日本人でナオキマン自身は
英語より日本語のほうがうまいと言っています。

そんなことってあるの?

ナオキマンの自己紹介動画でシアトルはアジアの人が
40%いてナオキマンは日本人とばかりつるんでいた
そうなので日本語がかなりうまくなったそうです。

また週に1度日本人のコミュニティーに行って
いたことも日本語が上手になる原因だったそうです。

低いボイスはアメリカ人特有なのでしょうか?

顔が長いことが特徴でユーチューブの中でも
ネタで使うほどほんとに長いです。

 

ナオキマンショーはユーチューバーで大学はどこ?【Naokiman Show】

ナオキマンショーを運営している
ナオキマンはどこの大学に通っていたか
調べたところ情報は出てきませんでした。

わかるのは関東のどこかの大学しか
情報はありませんでした。

しかしながらナオキマンは生まれも育ちも
アメリカで日本好きが高じて18歳の時に
日本の大学受験して通っていたそうです。

一見日本人かと思っていましたがユーチューブの
中で使われる英語の発音がとてもよかったのは
ネイティブだったんです。

それはうまいわけです!

今では本も出版しています。

ナオキマンショー【Naokiman Show】都市伝説を始めたきっかけ

ナオキマンの主な都市伝説として

メインチャンネルでは 主な分野は
以下のものがあります。

  • ミステリー
  • スピリチュアル
  • 精神世界
  • 宇宙
  • 陰謀
  • 都市伝説
  • ライフハック
  • 映画
  • 未解決

などを上げています。

この都市伝説を始めたきっかけは
もちろんナオキマン自身が好きだった
ことがあります。

日本に住んでみてアメリカとの違いに
気付いたことがありました。

それはアメリカでは、人口の約40%の人が
陰謀論を信じていて日本人は現実主義という
ものがあるのかあまりそういう関係の話は
信じていないようだと思ったそうです。

日本で都市で都市伝説的な話を探しても
専門的なものがあまり見つからなかった
のでユーチューバーとした始めたそうです。

始めるにあたってまず思い浮かべたのは

引き寄せの法則です。

引き寄せの法則ってしってますか?

簡単にいうと思いが現実になることです。

ナオキマンの場合ユーチューブを立ち上げる前に
半年で登録者数50万人したいと思い続けていて
本当ににそうなったそうです。

引き寄せの法則の一種です。
興味ある方は読んでみてください。

RASとはなにか RASを使って夢を実現

ナオキマンのYouTube動画です。

【Naokiman Show】

まとめ

ナオキマンショー【Naokiman Show】とは
誰なのか調べるとなんとアメリカシアトル
出身のナオキマンという名前の
ユーチューバーでした。

見た目は日本人ですが生まれも育ちも
アメリカだったの英語の発音も
とてもいいわけです。

父母ともに日本人でした。

大学はどこかわかりませんでしたが
関東のどこかでした。

アメリカシアトルはアジア系の人種が40%も
いてナオキマンは日本人とばかリつるんでいた
ので日本語が上達したと語っていました。

また週に1回は日本のコミュニティに参加しているのも
あり日本語上達や日本のことが好きになったと
本人は語っています。

その証拠に日本に行ってみたいと思い大学を
日本にするなんてよほど日本のこと好きだったのでしょうね。

これからもミステリアスな話を低音のボイスで
語っていただきたいです。

とても興味があるかたには本当にわかりやすく
伝える観点からもおすすめの動画です。